キャッシング親バレ

キャッシングで親にバレナイ方法

消費者金融業者からキャッシングをして、お金を借りていることを
親にバレる事を恐れている、学生の方も多いと思います。
 
学生だって
 
・クラブの合宿費用で5万円必要
・彼女の誕生日プレゼント
・友達からの飲み会に誘われて
 
など、お金が出てゆく事ばかり。
せっかくキャッシングでお金を借りる事が出来ても、親にバレてしまったら大変
どれだけ怒られるか解ったものではありません。
 
一人暮らしをしている学生さんならまだしも、親元から通っている人なら危険はいっぱい。
では、どうすれば親にバレなくて済むのでしょうか?
 

その為には逆に、どんな場合に親に知られてしまうのでしょうか?
 
@消費者金融から、自宅の固定電話に電話が入る
A自宅に消費者金融から郵便物が届く 
 
この2点しか考えられません。
でも@はほぼ心配しなくてOKです。
 
通常、消費者金融が自宅の固定電話に連絡を入れる事はありません
大抵は携帯電話に電話を入れます。
この場合は、即座に着信履歴を消去すれば、全く問題有りません。
 
しかも万が一、固定電話に掛かってきても、相手は会社の名前は名乗りません。
ほぼ100% 担当者の名前を名乗るので、心配する事はありません。
 
その前に、申込みの時に固定電話の電話番号は書かなければ良いだけです

 
 
では、郵便物の場合はどうすれば良いのでしょうか?
 
これも自宅に消費者金融会社から郵便物が送られないようにすればよいのです
 
@郵便で利用明細が送られてくる口座振替のキャッシングはやらない
 
Aパソコンやスマートフォンから申し込めは、自分以外は解りません。
 
Bそして、自動契約機でカードを作成して、その場で受け取りましょう。
 このカードさえ見つからなければ大丈夫です。
 
では、どの消費者金融のサービスが良いのでしょうか

 

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

プロミス

30日間無利息サービスが有ります。
(但しメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。) 
平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資可能。
審査時間は最短で30分
郵便物に関しては、来店して契約し、その場でカードを受け取る場合は郵送物は自宅に発送されません。

 

プロミスの公式ページはこちらから

借入金額 実質年率 評価

1万円〜500万円

4.5%〜17.8%

キャッシング親バレ

モビット

PCやスマホからのインターネットからの申し込みが可能。
実質的な金利の安さと借入限度額が高い。
ご利用対象者は満20歳〜69歳までの安定した収入の方
 

モビットの公式ページはこちらから

 

借入金額

実質年率 評価

1万円〜800万円

 

3.0%〜18.0%

キャッシング親バレ

アコム

来店無用。平日は当然のこととして、土日でも最短では1時間で融資OKとなる場合もあります。
30秒のスピード審査。
最大で30日の間、金利0円のサービスがあります。

 

アコムの公式ページはコチラから

借入金額 実質年率 評価

1万円〜500万円

4.7%〜18.0%

キャッシング親バレ

1.プロミス

 

 何と言ってもプロミスです。
 実質年率が4.5%〜17.8%なのは魅力です。
 結局、実質年率が低い事が最大のお奨めです。

 

2.モビット

 

 モビットは10秒簡易審査が出来るというのも魅力

 

3.アコム

 

 何と言っても業界再大手。店舗数が多いのが魅力です。

消費者金融からの借り入れとトラブルをどう解決するか。

 

消費者金融などの貸金業者から借入を行った場合は
一番の問題点は、高金利である事です。
唯でさえ、お金が無いのに新たな借り入れをするわけです。
どうしても、綿密な返済計画を立てないと、手の施しようがなくなります。
間違っても、必要のない金額を借りてはいけません。
必要最低限の借り入れに済ましましょう。

 

 

 

『1』キャッシングの利用と注意点は

まずは、本当に必要なお金かどうか検討します。

 

多重債務者の方などは、パチンコや競馬などのギャンブルやブランド物の
ショッピング、海外旅行などそう考えても必要とは思えない物の為に借金して
いる人もいます。
そして、こう言った費用をねん出するために、高金利のキャッシングを利用して
いる人もいます。
当然のことながら、返済が不可能になる危険性が高すぎます。
そして、借金の整理のために自己破産を申請しても
裁判所は、浪費として 免責を認めてくれないこともあります。

 

『2』返せる予定が立たない借金はしない事です

 

キャッシングと言っても、しょせんは借金です。
借金は、お金が無いのでする訳で、最終的には元金に金利を付けて返済しないといけません。
こんな状態で借りるのですから、最初から返済のめどを立ててから借りるべきです。

 

驚くべきことに、債務者の中には利息だけ返済すれば良いと思っている人もいます。
しかし、それではいつまでたっても元金は減りません。
やがては借入を増やして破滅の路をたどることになりかねません。

 

『3』だったら家族や友達に借りられないか相談する。

 

では、『2』以外でどうしても借金をしないといけない時はどうすべきでしょうか?
まずは家族や友達に相談すべきです。
この場合は、まさか利息は取られないでしょうし、有っても高が知れているでしょう。
その代り、約束は完全に守る事が大切です。
その時も絶対守れる返済を約束しないと、信用がなくなってしまいます。

 

『4』金利の低い 「貸金業協会加盟」の業者から借りる

 

消費者金融から借り入れた場合の金利は、銀行などに比べると割高になっています。
しかし、そろ金利も一律ではありません。
大手の消費者金融では現在では借入額に対応して年率で8〜18%ほどです。

 

そして貸金業者を選ぶポイントとしては、「貸金業協会」の登録業者であることが
目安となります。
アコムやプロミスなどの大手消費者金融は当然加入しています。
しかし、すべての登録業者が「貸金業協会」に加盟している訳ではありません。

 

『5』利用件数と利用額は少なめにする。

 

少額の借り入れであっても、多くの業者から借り入れを行うと、借金の総額は
あっという間に膨らんでしまいます。
そして返済のために、次々と新しい業者から借り入れをするようになると
利息が利息を生むようになって返済が困難になります。
同時に何社からの借金の返済の管理をしないといけなくなり、
取り立てと返済金の用意に走り回らないといけなくなります。

 

 

『6』契約書をしっかり読む事と領収書を保存する

 

契約書はよく読むことです。いざとなるとこの契約書がものを言う様になります。
そして貸金業法においては、契約書や領収書の発行が義務付けられています。
業者が発行するこれらの書類は無くさないで、必ず保管してください。

 

消費者金融業者と金銭消費貸借契約

『1』消費者金融からの借入は金銭消費貸借契約です

 

法的には消費者金融業者からの借入は「金銭消費貸借」と呼ばれます。
消費貸借とは何かというと、借りたものは自分のものとして勝手に使って
構いませんが、期日までに同じものを返済する・・という事です。

 

そしてこの消費賃貸契約は、口約束だけでは契約は成立しません。
実際に金銭が授受されて、初めて契約が成立するのです。
消費者金融からの借り入れは、金銭の受持が行われた段階で
「金銭消費貸借契約書」が作成され、その写しが渡されます。
絶対に無くさないで保管してください。 この契約書には
@借主と貸主の住所と氏名 A契約日 B貸付金額 C利息 D返済の方法
(分割返済か一括返済か) E返済日・返済場所 F遅延損害金
G支払い遅延の場合の期限の利益の喪失 という内容が記載されています。

 

尚、Gの支払い遅延の場合の期限の利益の喪失は何かというと、1回でも
返済が遅れると、期限の利益を失って分罰返済でも管理合計で一括して
返済しないといけない・・という恐ろしい契約です。

 

消費者金融から借り入れを行ったら、業者のひな形で作成された契約書に
借主が著名捺印する形で契約が成立します。
一体どのような条件で契約しているのか、契約書を十分読んでください。

 

『2』契約の例外

 

法律上契約は自由に決める事ができます。両者で同意すれば良い事になっています。
しかし、実際は法律の規定に違反している場合や公序良俗に反するような場合には
その契約は無効になっているのです。
特に、金銭貸借の場合は金利が対象になります。
利息制限法という法律が有って、その法律が定める最高限度額を超える部分に関しては
無効になります。
そして無効になった部分は元本に組み込まれて、さらに余りが有れば過払い金になります。

 

又、同時に年率20%を超える利息の契約をすれば、出資法違反の刑事罰に問われます。
さらに、利息の他に手数料とか礼金などの名目で貸した側が利息以外のお金を取っても
全て利息とみなされるようになっています。

 


ホーム サイトマップ